あめのあいだに。

とあるひきこもりのひっそりとしたブログ。

MENU

ブログ凍結

 前にブログをやめるか続けるか葛藤してから3ヶ月くらい経ちますが、再びリセットしたい気持ちが高まってきました。加えて、自分の精神面を書くことも、向いてないかもという思いもまた強まってきて。

 

 そのため思い切って、このブログは凍結することにします。その後ここをどうするかは追々考えていこうかと。

 

 こんな過疎ブログではありましたが、今までスターをくださった方や読者登録してくださった方、本当にありがとうございます。それがあったからこそ、超スローペースだったにしろ、今まで書いてこられました。そしてそのおかげで書く楽しさを改めて感じたりしました。

 

 ので、ブログ自体は続けたい……! ということで。勢いで新たに多肉だけのブログを始めてみることにしました。

 

amenoaida.hatenadiary.com

 

 こちらではこのブログで密かに課していた1000字以上というこだわり? もなくして、よりゆるーく、その分更新頻度を上げていけたらなと思います。

 

 このスローブログを見てくださっていた菩薩のような方、もしそういえばそんな奴もいたなと思い出していただけたら、多肉メインとはなりますが新ブログの方を覗いていただけたらと思います。とくに何も起こりませんが、筆者が小躍りします。

 そんなわけで、ブログ凍結の報告でした。

計画相談支援と事業所体験(2箇所目)

 前に食べたセブンの『ひとくちミントクランチチョコレート』が美味しかったので、行く度に見てるんですが、最近チョコミン党なる一派が台頭しているためか(どうかは分からないけど)、売り切れ状態です。

 アーモンドボールといい、ここのところセブンのお菓子をやたらと食べてしまう……というわけでどうも、相変わらず腹がまずい雨間です。

 

f:id:amenoaida:20190316164800j:plain

 

photo by http://flat-icon-design.com/

 


通院記録を不定期に


 まず11回目から書いていた通院記録ですが、ここのところずっと診察時間は数分ですし、あまりにも書くことがないし。何かあった時だけでいいじゃねぇかということで、毎回書くのは止めることにします。

 

 それはそれとして、就労継続支援の方はちょいちょい動きがありました。


ありがたい計画相談支援


 前体験に行った就労継続支援の事業所さんで勧められ、利用することになった計画相談

 障害がある人の相談に乗って情報提供してくれたり、福祉サービスの利用計画を立ててくれたりします。

 利用にあたり、役所の支援課で申請これまでのことを聞き取りされて泣きそうになりつつ。前にもどこかで書いた気もしますが、自己否定感を刺激されるのか、自分の内面を対人で話すのが苦手です……。

 とくに周囲にも人が居たりすると。もう少し心構えして行けば良かった。

 支援課への苦手意識もぐぐっと高まってしまったんですが、何とか手続きしまして。

 2週間と少し(けっこう!)待ち、計画相談の事業所さんが決まったと連絡がありました。

 

 で、計画相談の方と進めていくことになったのですが、相談員さんが良い方で、静かな部屋で親身に話を聞いて相談に乗ってくださり、申請してとても良かったと思っています。

 勧めてくれた事業所さんにも感謝です。

 こういう縁は運次第かと思うのでありがたい……でも依存はしないようにしないとな……!


就労継続支援A型事業所体験(2箇所目)

 

 相談員さんの紹介で、2箇所目の就労継続支援事業所で体験をしてきました。

 先方との電話でのやり取りのような段取りも相談員さんがしてくださって、本当にありがたい……! 前回自分で電話した時にはかなり緊張したので。

 

 で、体験自体は、やはり自分のコミュ障っぷりを思い知りながらだったんですが、それでも前回のところより少しは緊張せずにやれたかなという感じです。

 さらにありがたいことに、このままいけば通えることになりそうです。

 続けられるかどうか、心境は不安6・安堵4みたいな割合なのですが、何とか頑張らねば。

 いや、自分の場合あまり「ねば」とか思わず力を抜いた方が良いのかもしれない。良い加減(手を抜く方じゃなくて、良い塩梅の方の意味を目指していこうと思います。

ウィッシュリストを書いてみた感想

 バレットジャーナル、今のところ続いてます。まぁまだ1ヶ月ですけども! 

 で、8月になるタイミングで新たに追加したページに、ウィッシュリストwish listというのがあります。

 

f:id:amenoaida:20190825163033p:plain

  photo by http://flat-icon-design.com/

 

 

ウィッシュリスト

 

 ウィッシュリストは、バレットジャーナル界隈では割と有名なのでは、というページ。簡単に言うと夢や願いを書いたリストです。100個くらい。

 元テニスプレイヤーの杉山愛さんの著作が広まったきっかけの1つなのだそう。

 書く際には、恥ずかしがらない、小さなことでも書く、実現可能かは考慮しない、などいくつかポイントがあるようで、詳しくまとめてくださっている記事もあります。

 

studyhacker.net

 

 こういう記事を徘徊するうちにやってみたくなり、自分でも書いてみることにしました。

 

ウィッシュリストを書いてみたら


 さて100個書いてみるか、とバレットジャーナルに向かってみたは良いものの、3分の1くらいでもう、思いつかない……! 

 どんなに小さなことでも良いはずなのに、それでも夢や願い100個って意外と出てこない……! 

 私が意識低すぎるというか、つまらん人間すぎるだけなのかもしれませんが。100や200じゃ足りないぜって人も世の中にはいるのか……? 

 しかし私はかなーり時間をかけて、めっちゃくちゃ些細なことまで書いて、何とか100個ひねり出した感じでした。

 その割に、書き終えてからあれも、って思い出して付け足し、ちょうどじゃなくて「大体」100ウィッシュリストになっちゃったんですが。

 恥ずかしがらずに書いたがために、それを全公開するのは恥ずかしすぎるのでごく一部。

 


 みたいな、いや、食えや! 飲めや! っていうすぐにでもできそうなこともあれば、

 

  • ログハウスorコンテナハウスに住む
  • 廃墟を見に行く
  • ヒトカラする


 みたいな今の自分にはハードル高いこともあります。

 番号をふって、衣食住系はピンク、趣味系は緑、みたく色分けして、達成できたら・(バレット)を赤ペンで☓にしていっています。

 前述のダブルチーズバーガーや、日傘を使うなど、もうすでに叶ったものもあります。

 

書くと発見があるかも?


 夢や願い100個書くって思いの外大変、っていうのも意外でしたが、書いてみたら書いてみたでまた色々思うところもありました。

 無理やりひねり出したとはいえ、やっぱり多少は気になっているから出てくるわけで、こんなことに興味あったのか、と気づいたりハシビロコウを見るとかどこから……見たかったんかい)。

 やたらと〜を買うが多くて物欲の塊かと思ったり。趣味系のことばっかだな、とも。

 

 このように意識低い奴ですら発見があったので、多分誰でも書けば、書こうとしてみれば何かしら思うところがあるのではと。

 順調な時にわくわくしながら書くのはもちろん楽しいだろうし、そうでない時に書いても自分を客観的に見るきっかけになりそうです。時間をかけても何1つ夢や願いが出てこなければ、それだけ自分がしんどいということに気づけると思うし。

 

 というわけで、ウィッシュリストを書いてみたら色々発見があって良かったっていう話でした。

もふもふ多肉・フロスティーの葉が落ちる問題

 タルト、クッキー、ゼリー……おいしい、しかしまずい。もちろんおいしいのは味でまずいのは肥えていく腹です……お盆明け、手持ち品やおみやげで、手の届くところにお菓子が……お菓子が……!

 ちなみに一番おいしかったのは(好みとも言う)セブンの『さっくり&ほろほろのアーモンドボール』でした。

 リンクを貼れんかなと思って知りましたが、セブンオリジナルブランドのお菓子はやはりというか、Amazonとかでは買えないみたいですね。

 

 そして腹と同じくらいまずいのでは、と思うのが今月新たに家に迎えたフロスティーです。

 

 

下からどんどん葉が落ちていく

 

f:id:amenoaida:20190819185332j:plain

 

 全体を覆うもふもふの毛の手触り、白みがかった色合い、小さな木のような佇まい。

 その綺麗さと可愛さに癒やされていたのですが、日を追うごとに葉っぱが落ちていってしまってます。

 今のところ計4枚。手帳のメモによると、経過は以下のような感じで。


1枚目/8月8日
2枚目/8月11日
3枚目/8月14日
4枚目/8月18日


 大体中2〜3日ごとに1枚ずつ落ちていってるようです。このままでは下の方に唯一残った1枚もいずれは、と戦々恐々。

 毛があるため分かりにくいですが、だんだんと微妙に黄色っぽく変色し、その変色した葉から落ちてる感じ。

 エケベリアで下の葉が枯れて落ちるのは正常な新陳代謝のようですが、ここまで次々と落ちるとなると問題があるのかなと……。

 

色々やってみるものの


 エケベリアではなくクラッスラの解説でしたが、本に「肉厚で表面に毛が生えているような種類は暑さが苦手」*1とあり、猛暑でもあり、じゃあ原因は暑さかもと思い、あれこれ対処してみました。

 

  • 扇風機の風が当たるところに置いてみる
  • クーラーをつける間は一緒の部屋で涼む
  • 鉢にアルミホイルを巻く(他ブログさんを参考に。ありがたや


 3枚目が落ちたあたりからやってみたんですが、4枚目も落ちてしまい、もうどうしたらいいのか。

 断水が合わない子なのか? とも思ったので、4枚目が落ちた日の夕方に、さらっと土が濡れる程度に水もあげてみました。これでどうなるかひとまず観察です。

 

 既に一番下の葉は変色しているのでそれは落ちちゃうのではと……一番怖いのはその後、現状無事な上の葉までも落ちだすことで。

 暑さのせいなら秋には収まるのか、それまで耐えてくれるのか、気が気じゃないです。引き続き色々試しながら無事を祈ろうと思います。

 デビーに引き続きこの子も無残な姿になっちゃったらもう、自分の園芸力のなさを思い知って、多肉購入を考え直すしかないよ……!

*1:松山美紗監修『sol×solがおしえる多肉植物育て方ノート』,p18

葉挿し失敗と枯れたデビー

 お盆ということで、提灯持ちとしてお墓参りに同行。当たり前ですがお盆のお墓には人が多々居て、てんぱりました。

 

 そして記事内容はお盆とは一切関係ない、いつもの多肉話。

 途中までは順調、だと思っていたのは勘違いだったのか!? 初葉挿しが無残な姿になってしまいました……。

 

 

干からびた葉挿し

 葉っぱから新しい芽が出てくる!? 何だその生命の神秘は! と密かに盛り上がり、試験的に1枚だけ挑戦中だったみどり牡丹の葉挿し。途中までは芽や根がちょい出てきていました。

 で、そろそろ日光に当てた方が成長がよくなるかな? と1日だけ屋外に出してみたら……みるみるうちに干からびました……。日に当てるのは時期尚早だったのか。

 もはや土と見紛う無残な姿となってしまったんですが、一応記録として。

 

f:id:amenoaida:20190813185530j:plain

 

 赤丸がその葉挿し第1号です。その隣りの緑のが、ある日ぽろっと取れて、ダメ元で転がしている第2号(少しだけ根っぽいものが出ている気も……?)。

 後の2つは最近家に新たに迎えたエケベリア『フロスティー』の、やはりある日ぽろっと取れた葉です。これらもダメ元で。

 

 というか多肉さん、葉っぱぽろっと取れすぎじゃない? こんなに取れるもの? 

 やっぱりど素人の管理に何か問題があるんだろうか……。

 ともあれ葉挿し、再挑戦したいけど今は適期じゃないようなので、取れちゃった葉を転がしつつ秋待ちです。

 

デビーが枯れた……

 

 葉挿し失敗以上にショックだったのが、デビーが枯れてしまったこと。

 

f:id:amenoaida:20190813185617j:plain

 

 写真は在りし日のかわいい姿ですが。

 だんだん色あせて小さくなってない? と心配しているうちに、とうとう枯れてしまいました。写真を撮る余裕もなかった。

 葉挿し同様無残な姿になってしまいまして、もう内心、こんな管理者ですまねぇ、すまねぇ……。かわいそうなことをしてしまったなと……。

 

 で、本も見つつ考えてみた原因が以下。

 

  • サイズに対して鉢が大きすぎて根腐れを起こした
  • 梅雨明け日光に当てようと屋外に出したが、猛暑に耐えきれなかった

 

 どっちもありそうです。両方かも。

 とくに後者、現状我が家にある多肉植物は、日光は大好きだけど真夏の強烈な直射はだめらしく。一応日陰に置いたつもりだったけど、結構当たっちゃったのかもしれません。

 今後は気をつけねば。

 

夏の間の管理メモ(エケベリア


 唯一のグラプトベリアだったデビー亡き今、残るエケベリア用の管理メモ。

 

  • 水やりは基本断水、葉がしわしわになった場合のみ、夕方さらっとあげるのを検討
  • 朝9:00ごろ〜夕方までは室内・網戸前
  • 夕方〜翌9:00ごろまでは屋外軒下
  • 雨の場合は室内へ

 

 色々考え、とりあえず真夏の間はこんな感じで。

 本によれば栽培難易度低いらしいデビーを枯らしてしまったことで、自分の園芸力には不安しかないですが、試行錯誤してみます。

 

 多肉さん、水やりが少なくていいから初心者向けかと思いきや、綺麗な姿を保って育てるのは大変なんだなぁと痛感。いや、というか綺麗な姿どころか枯らしちゃってるしね。しかしもうしばし粘ってみます。

ちょいちょいつまめるナッツのような『月夜のサラサーテ The cream of the notes 7』感想

 いつから読んでるの? と思って確認したら(いつしか読み始めも記録しだした)、4月の終わりからなので3ヶ月とちょっと

 おいおい230ページくらいの本にそりゃーかかりすぎではって感じですが、かかったものはしょうがない。というわけで3ヶ月ごしの感想です。

 


月夜のサラサーテ The cream of the notes 7 (講談社文庫)

 


概要/読んだらどれかしらは刺さる、100のつぶやきからなるエッセイ

 

 森博嗣さんのエッセイシリーズ第7弾。

 

 同作家さんの小説の方は「どうやらかなり面白いらしい」と思いつつ、1冊しか読めていませんが、ある時何気なく1作目を購入したこのシリーズだけは、流れでずっと読んでいます。

 『つぶやきのクリーム』→『つぼやきのテリーヌ』→『つぼねのカトリーヌ』→『ツンドラモンスーン』→『つぼみ茸ムース』→『つぶさにミルフィーユ』ときて、『月夜のサラサーテ』。

 

 毎回こうきたか! と思わされるのが楽しみなタイトルです。どうやら「つ」から始まり必ずカタカナが入るという法則性があるようだ……と思い込んでいると次巻で驚かされたりもするかも。

 『ツンドラモンスーン』がきた時点で驚かされました割と。何なんだそれは? どういうものなんだそれは? といったツッコミは、これらのタイトル群にあっては意味をなさない……! 

 

 内容は、100の話題があるため社会問題からぬいぐるみのことまで多種多様。

 どこからでも読めるし、読者のその時々の状況によって、読めばどれかは刺さるんではと思います。

 記事タイトルにも書きましたが、色んな種類のが混ざった、ちょいちょいつまめるけれど自分へのごほうび的な、ナッツの詰め合わせのようなものを勝手にイメージしてます。

 日頃ナッツとかお洒落なもの食べてないけど! あくまでイメージの問題で!

 私は頭から普通に読んでいっちゃいましたが、「まえがき」やオビによると、「なむなむ!」と開いたページから読むのがおすすめのようです。


一番印象的だったところ/理解しきれないけれど気になった文章


 こちらの記事で書いたとこも含め、

 

amenoaida.hatenablog.com

 

 いくつか刺さった部分はありましたが、今回一番印象的だったのは63個目のつぶやき「電子社会の中で生きることについて。」でした。

 頭脳だけコンピュータに入れれば活動可能なんじゃないか? 肉体がなければ暴力もない、生きている必要もない、そういう社会が理想かもしれない。とあって、前そんな物語を空想したこともあったなー、と思い浮かべました。

 生身の身体が要らなくなる社会、今抱えている悩みはなくなるかも、とは思います。少なくとも引きこもりという状態に思い悩むことはなくなる……? 

 それが生き物として充実しているのかは別として、ていうか生きている必要もない社会って言うと何か本当にやばい気がするな。

 

 作者さんは社会はその方向に進んでいると思いつつ、「僕自身はそうはなれない。むしろ早めに離脱したクチ」*1だそう。

 

 で、その後の部分が一番印象的だった文章でして。

 

美しい自然の映像が、何故「美しく」見えるのかを、論理的に説明できるだろうか。もしできないのだとしたら、人間の頭脳の不完全性を感じざるをえない。しかし、「美」は、人の頭脳が作り出した概念なのだ。このあたりがいつか補完されたときには、電子社会がもう少し自然に近づくことができるのではないか、と期待している。*2

 


 論理的には説明できない概念を作り出すって、そう考えると不思議だなぁと。

 そもそもこの引用も、私の頭脳では理解しきれないにも関わらず、印象深いと感じているし。とにかくどこがどうとかは論理的に説明できないけれど一番印象的だった、つまり美しいと感じた(のかもしれない文章でした。

 

 生きている必要もない社会はやばそうなので、この問題が補完されて、自然と電子的なものとのいいとこ取りをした生きやすい社会になってくれんかなと、手前勝手なことを思います! 思いました。

*1:森博嗣『月夜のサラサーテ The cream of the notes 7』63「電子社会の中で生きることについて。」,147

*2:同上

手帳替えたい病とバレットジャーナル

 ちょっと梅雨から急転直下すぎる猛暑ですが、何とか息してます雨間です。

 定期的に襲ってくる病にまたまた罹患してました。

 

 

定期的な手帳替えたい病

 

 先月こんな記事を書いたんですが、

 

amenoaida.hatenablog.com

 

 その舌の根も乾かぬうちに、トラベラーズノートの中身をまるっと替えてしまいました

 だめなんだよなぁ、手帳に関しては(ここでの手帳は障害者手帳じゃなくて予定管理する方の手帳です。当ブログだと紛らわしい)ちょっとしっくりこなくなると替えたくなって、そのことばっか考えちゃって。

 トラベラーズノート用の週間+メモリフィルを半年間使っていたものの……。やっぱり週間より月間で、メモ部分は方眼より無地の方がしっくりくるかも、と思ってしまい。

 

 色々迷った末、MDノートの新書サイズをトラベラーズノートに挟んで、バレットジャーナルを始めることにしました。

 MDノートの糸かがり製本によるページの開きやすさ、ページ数の多さ、本のように棚に入れた時に収まりが良さそうなこととか加味しまして。

 新書サイズ、明らかに小さくてトラベラーズノートと大きさ合ってないけど! そこは気にしない!

  

新手帳はバレットジャーナル

 

 バレットジャーナルは今や有名ですが、ラピッドロギング=迅速に記録する、ことが基本の箇条書きを主体としたノート術

 本当に箇条書きだけのシンプルなものから、カラフルにページを作り込んだ創作手帳的なものまで、書き主によって千差万別でかなり自由度が高いです。

 バレットジャーナル周りのネット上を徘徊した結果、やってみたいなと思ったことも、今回の手帳変更の要因に。

 

www.wakibungu.com

 

 アナログで書いたり切ったり貼ったりする場所が必要な人間なので、手帳買ったはいいけどほぼ白紙だ! ってことは長らくないんですが、定期的に何かしっくりこなくなって別のに変えたくなる、の繰り返し。

 で、既存のフォーマットでしっくりこなくなるなら、自分用のフォーマットを変更しながら作っていくしかないんじゃないか、ならバレットジャーナルじゃないかということで。

 

 とりあえずネット上に公開してくださっているポイントを参考に、自分なりの解釈や記号を付け加えつつ、IndexとかKeyとかの基本的なページから作って始めてみてます。以下が我流のKey(各記号の意味のまとめ)。

 

・ タスク

☓ 完了

< 日時指定の予定化

> 日時指定がない移動

ー メモ

○ イベント

※ 体調

☆ 重要

目のマーク 要調査

! アイディア

= キャンセル

d 日記

i 情報

 

 <と>は分かりやすいよう独自解釈してますし、体調とか日記とか勝手に足してます。

 あるタスクを終えたら・を☓にする、終えられなかったら>や<にして移動する。移動ばっかしてるタスクは本当に必要か、なぜ終えられないのか考えるようになる、この辺りがバレットジャーナルの一番のキモのようです。

 その他、マンスリーとか習慣をチェックするハビットトラッカーとか自由に。

 

 最初なので修正液三昧、でもだんだんノートがオリジナルの手帳になっていくのがいい感じです。

 これならフォーマットにしっくりこなくなったら次の月から別のにすればいいわけで。今度こそ当分手帳は替えない(説得力皆無)! と誓いを新たにしたのでした。

 とりあえず来月、似たような記事で結局また変えましたとか書かないように頑張ります。気分を高めるため専門書読んだ方がいいだろうか。

 


バレットジャーナル 人生を変えるノート術

 

 また、中のノートが替わってもトラベラーズノートとクラフトファイルはそのまま使い続ける気満々です。

 そんな感じで、何度目か分からん手帳替えたい病の話でした。